ハードオフグループのお酒買取業者「リカーオフ」の特徴を解説

自宅に余っているお酒を売りたい。そんな時は、お酒買取業者を利用するのがおすすめです。しかし、お酒買取業者とひと言で言ってもその種類はさまざま。ここでは、そんな酒類買取業者の中でも人気の「リカーオフ」について紹介していきます。

お酒買取業者「リカーオフ」の特徴

「リカーオフ」は、雑貨や古着、生活用品などを買取する大手買取店、ハードオフグループのひとつです。

「リカーオフ」というその名が指し示している通り、お酒買取の専門業者であり、多くの人たちから支持されている人気の業者です。「リカーオフ」の特徴は、とにかく酒類であれば何でも売れるというところでしょう。

日本酒から焼酎、ワイン、ウイスキー、リキュールといった定番アイテムはもちろん、なんとビールやソフトドリンクも買取対象となるという驚きの間口の広さが人気です。

手数料やキャンセル料もかからず、販売ルートも豊富なことから、買取価格も高く話題となっています。ここからは「リカーオフ」の魅力をより掘り下げていってみましょう。

豊富な流通ルートがあるため高価買取に繋がる

お酒買取店に限らず、高価買取査定を実現するためには、それ相応の販売ルートの確保が重要になってきます。

要するに、有名なお酒を買取したとしても、それを販売するルートが無ければお酒買取業者は儲けにならないということです。

「リカーオフ」の場合、日本全国などに流通ルートを確保しているため、どの店鋪よりも高い価格で査定額を提示してくれるのです。また、「リカーオフ」の魅力といえば、鑑定士たちもプロが揃っているというところでしょう。

大手の買取店の多くは、アルバイトが査定していることもあり、なかなか持ち込んだ商品の価値が理解されず、低い価格査定となってしまうことがあります。

「リカーオフ」は、ソムリエやワインアドバイザーなど、お酒のプロたちが揃っているので安心して大切なお酒を預けることができます。もちろん、こういった人たちがいるのでお酒の雑談なども盛り上がることでしょう。販路が広く、プロの鑑定士が揃っているのが「リカーオフ」の強みと言えます。

ラベルが傷んだお酒でも買取可能

お酒買取業者によっては、ラベルが傷んでしまったり、少々傷がついているなど、こういったアイテムは買取対象商品としない場合もあります。中身は問題なくても、やはりお酒の顔はラベルですので、そういった細かな部分が大きく買取額を左右するのでしょう。

しかし、「リカーオフ」はそんなラベルが傷んだようなお酒でも、しっかりと金額をつけて査定してくれます。何と言っても、へこんでしまった缶商品であったり、ボトルが欠けてしまったような場合でも金額をつけて対応してくれるのです。

そのため、本来売りたいと思っていたアイテムだけではなく、「もう売れないだろう…」と諦めていたご自宅のお酒も高価買取査定で買取してもらうことができるのです。

「このお酒は売れるのだろうか?」という不安があっても、「リカーオフ」であれば安心して査定依頼できますよ。

ソフトドリンクなどの買取も行っている

「リカーオフ」がほかの業者と違いユニークだと言われているのが、ソフトドリンクも買取対象にしているというところでしょう。

そもそも、お酒買取業者はソフトドリンクではなく、お酒を扱っているので買取してくれるとは考えにくいのですが、未開封で賞味期限なども先であればソフトドリンクも買取してくれるのです。

また、「リカーオフ」ではバカラであったり、リーデルといったグラス類の買取にも力を入れています。

お酒に関係している雑誌や書籍などのアイテムも売ることができるため、お引越の際にも手軽に依頼できるでしょう。もう飲むことはないだろう、という自宅に残っているお酒があったら「リカーオフ」に相談してみましょう。