飲食店を閉店・在庫を一掃したい…そんな時もお酒買取業者がおすすめ

お酒を提供する飲食店を経営されている、またはされていた、という方も少なくないでしょう。未開封のお酒が大量に残っていた場合、どのように処分するのが良いのでしょうか?

ここでは、大量にお酒を処分する場合の対象法について紹介しています。

飲食店の閉店・在庫の処分時もお酒買取業者がおすすめ

飲食店の閉店・在庫の処分を行う際、いろいろな方法がありますが、もっともおすすめなのがお酒買取業者に依頼するという方法です。その理由を紹介します。

買取業者は大量のお酒でも対応してくれる

お酒を処分する際にお酒買取業者を利用するメリットのひとつに、お酒買取業者の多くが出張買取サービスを行っているという部分があります。

お酒買取業者は、依頼者の自宅や店鋪赴いてその場で売りたい分のお酒を査定してくれます。例えば、売りたいお酒が数十、数百本あるという飲酒店の方も多いでしょう。

そういった場合、自分でお酒をお酒買取業者に持ち込んだり、宅配で買取してもらうのは大変です。自宅に鑑定士が来てくれるのであれば、売りたいお酒は売り、そうでないお酒はそのままでキープすることが可能です。

自分ではこれといった努力をすることなく、大量のお酒を売ることができるのは便利ですよね。また、大きなメリットとしては大量にお酒を売ることにより、プラスアルファ査定額に上乗せしてくれる業者も少なくないのです。

例えば、10本売ればプラス10%買取額がアップするなど、そういったサービスを展開する業者もあります。高額なお酒を沢山売るような飲食店を経営されていた方であれば、数万円もサービスで買取査定額が上乗せされるのですから、大きなプレゼントになるはず。

このように、飲食店の閉店・在庫をどうにかしたいという方は、お酒買取業者に依頼して買取という形で一掃してもらうのがおすすめです。

全て流しに流すのは手間がかかるし臭いの問題もある

「お酒買取業者に依頼するのは面倒くさい」と、思われている方もいるでしょう。しかし今はネットで手軽に申込できますし、面倒なことはほとんどありません。

むしろ、お酒を処分する際の定番として流しに捨ててしまうという方法の方がずっとリスクがあり面倒と考えられます。

そもそもお酒はアルコール飲料ですので、下水が完備されていない地域の方だと大きなトラブルに発展してしまうことがあります。さらに問題なのが、大量のアルコールを一気に流しに捨ててしまうと、アルコール臭が強烈に発生してしまうので体調を崩される方も出てきます。

さらに100本以上、お酒の在庫がある場合など相当時間がかかってしまいますし、残りの瓶も処分しなければいけません。総合的に考えても、大量のお酒を処分する際にはお酒買取業者を利用することをおすすめしたいと思っています。