うちのお酒も売れる?お酒買取専門店を利用するメリット・デメリット

自宅で余っているお酒は、お酒買取業者に買取してもらうとお得です。しかし、そもそも「お酒買取業者」とは何なのでしょうか。

ここでは、お酒買取業者のあれこれについて解説していきます。ぜひ、お酒買取業者について知りたい方は参考にしてみてください。

お酒買取専門店とは?

お酒買取業者とは、その名の通り「お酒を買取してくれる買取業者」です。ワインや日本酒、焼酎、ウイスキー、紹興酒、ビールやチューハイなど、これらお酒であればどれでも価格をつけて買取をしてくれるので便利です。

例として、ブランド品を買取する業者を見かける機会は多いはずです。ルイ・ヴィトンの最新デザインのバッグを買取店に持ち込むと、その市場価値や保存状態などを鑑定士が見極め、最終的に買取価格を提示してくれます。

その提案された買取価格に納得できたら、その場でサインなどをして、買取成立。晴れて、持ち込んだバッグと引き換えに現金を手に入れることができるという流れになります。

お酒買取もブランド品買取と流れはほとんど一緒であり、ブランド品が「お酒」になっただけと考えれば良いでしょう。

鑑定士は、お酒の銘柄や年代、市場価値、状態などを吟味して最終的にそのお酒に査定額をつけます。

それに納得できれば、その場、または振込で現金化できるため、お酒を処分したい方には人気のサービスとして利用されているのです。

利用するメリット

では、ここからはお酒買取業者を利用するメリットについて紹介していきます。お酒買取を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

手間がかからない

お酒をお酒買取業者に買取してもらう最大のメリットは、手間がかからないということです。例えば、お酒を売るということは、売り主はそのお酒をもう飲まないということになります。

燃えないゴミの日に、中身が入ったまま捨てることはできないため、1本ずつ流しに捨てたりしなければいけません。これが数十本以上あった場合いろいろと面倒ですし、問題も起きる可能性があります。さらに1本ずつ割っていく…というのは非現実的。

友人や知人にあげるのも手間がかかります。お酒買取業者の場合、直接店鋪に持ち込む査定方法もあるのですが、宅配可能や出張買取という方法も選択可能です。まず、宅配可能であれば無料で梱包材が届くので、その中に売りたいお酒と必要書類(身分証明証のコピーなど)を同封して送り返すだけです。

後日、査定額の連絡が来て、納得できれば売り主の指定口座に即日現金が振り込まれます。

ただ飲まないお酒をダンボールに入れて送り返しただけで、お酒を現金化できるのですから手軽ですよね。

また、大量にお酒が余っている方であれば出張買取がおすすめです。お酒買取業者の鑑定士が直接自宅を訪れてくれ、その場で査定を行い、買取成立した分は持ち帰ってくれます。自宅にいるだけでお酒が現金化できるので、とても便利です。

手元のお酒を処分しつつお金にもなる

やはり、お酒買取というくらいですので、飲まないお酒が現金になるのは嬉しいところです。しかし、中には大した金額にならないし、それなら売る手続きが面倒だ…と考える方もいます。

しかしお酒の需要は無くなりませんし、ブランド品のように「古いデザインだから」という理由で急激に価値が下がるものでもありません。

ワインのように、有名銘柄で飲み頃に熟成しているアイテムであれば、驚くほどの金額で査定してくれることもあります。原酒不足に悩まされているジャパニーズウイスキーも、今高価買取査定が狙えるアイテムです。

また、安価な買取価格であっても大量に売る場合はまとまった金額になりますし、プラスアルファで買取金額が上乗せされることもあります。思わぬお小遣いが手に入るというのも、お酒買取のメリットのひとつなのです。

利用するデメリット

良いことづくめのお酒買取ですが、デメリットもそれなりにあります。一体どのようなデメリットがあるのか解説します。

査定額が業者により違うため業者選びに注意する必要がある

例えば、とある有名銘柄のワインがあったとします。それを売る際、Aという業者に依頼したら1本1万円で買取してくれました。

しかし、後々ホームページを見ているとBという業者では、1本5万円で買取しているという情報が記載されていました。

このように、同じ銘柄であっても業者によってその買取価格は違う、というのがお酒の買取で注意すべきポイントです。

ワインに詳しい鑑定士を揃えており、ワイン買取に力を入れている業者。

とにかくお酒の銘柄問わず大量に買取したいから、アルバイト鑑定士が査定する業者。

初心者の方でもワインを高く売りたいのであれば、前者の業者を利用した方が良いことが理解できるはず。

このように、お酒の買取はお酒買取業者をしっかりと比較検討してから売らないと、損をしてしまうこともあるのです。

とはいえ、しっかりと業者比較ができていれば、思った以上に高価買取査定になることもあります。お酒を売る際は、業者比較を忘れないようにしましょう。

不要なお酒は売るのが吉

自宅に不要なお酒が残っているのであれば、売って現金化してしまうが吉です。他にも飲みたい方は多くいますし、お酒買取業者も力を入れて買取してくれます。

ぜひ、自宅で余っているお酒がある方は、お酒買取業者に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

メリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 買取出張なら自宅にいながら、お酒を売って現金を受け取ることができる。
  • いらないお酒を手放しながら、お金になる

デメリット

  • 買取業者によって査定額が違うので注意!

このページでお酒買取専門店を利用するメリットとデメリットがご理解いただけたと思います。ちなみに私は「ファイブニーズ」というお酒買取業者をよく利用します。

ご一緒におすすめお酒買取業者「ファイブニーズ」の特徴を解説をご確認いただければ、どのような業者かわかると思います。